ファイナル・レポート

新記録を達成 - およそ58,000人もの関係者が、美容業界No.1の見本市に来場


美容サービスのための国際フォーラム
BEAUTY DÜSSELDORF 2019は、過去最多の来場者数で、去る日曜日に閉幕した。そして、美容業界を牽引する専門メッセとしての重要な役割を、明確に示した。『コスメティック、ネイル、フット、ウェルネス・スパなどの、美容業界の交流の場は、出展者、そして76か国58,000人の来場者の期待を超えた(2018年開催時の来場数は55,000)。BEAUTY DÜSSELDORFは、新しい商品やケアコンセプト、研究結果、トレンドなどの概要を、来場者に対して包括的に提供する、美容サービス事業者にとって必要不可欠なイベントである。』と、メッセ・デュッセルドルフ専務取締役M. デーゲンはコメントとしている。

3月29日~31日の3日間で、1,500もの企業とブランドは、デュッセルドルフ見本市会場の5ホールで、最新製品を発信した。出展ブース内で行われた革新的な技術、斬新なデモンストレーションに加え、質の高い専門家と継続教育プログラム、そしてワークショップと科学的なレクチャーのバランスの良さは、非常に好評だった。

10号館に設置された、Trend Forum & Medical SkinCareで行われた特別な催しや授賞式は、沢山の来場者が注目した。KLAPP Cosmeticsの経営者G. クラップ氏は、“A Life of Beauty”を受賞した。そして、創造性が豊か、かつ専門性が高く、常に技術の研鑽に励むメイクアップアーティストに贈られる“Golden Mask for Make-Up Artistry”賞は今年、自身でもメイクアップブランドを販売している、ドイツで最も象徴的な一人、B. ドゥラー氏が手にした。

再構成されたメイクアップ選手権は、来場者から非常に良い反響があった。ドイツ・ブリュール出身のS. シナル氏は、24歳までが参加できる”YOUNG MAKE-UP TALENT AWARD”で優勝した。そして、少なくとも3年間の実務経験を持つメイクアップアーティストが対象の”BEAUTY MAKE-UP AWARD”では、ポーランド・カトヴィツェから挑戦したM. ヴィオラ氏が、その栄冠に輝いた。

前回初めて取り上げた、デジタル化やソーシャルメディアなどの分野に、本年のBEAUTY DÜSSELDORFも、引き続き着目した。10号館に設置されたWeb S@lonでは、専門家が、インターネットやソーシャルメディア、およびオンラインマーケティングに関する実践的なワークショップを開催した。

来場者は、高品質でスタイリッシュ、そして高級感のある雰囲気が、出展者との良い商談や、業界関係者同士で専門的な交流をはかれる理想的な場だとして、BEAUTY DÜSSELDORFを称賛した。

3日間に渡り、良い商談とコンタクトが得られ、全分野の出展者は、業界を代表するメッセとしてのBEAUTY DÜSSELDORFの意義を強調した

ドイツ美容協会(VCP = Verband Cosmetic Professional)副会長のA. ドルシオ氏は、『イノベーションを示した専門美容分野の出展者は、ドイツが優れたグローバルビジネスの場であることを確認した。このことは、関心が高い来場者が集まり、質のよいビジネスコンタクトが得られる、本年の最も重要な業界イベントBEAUTY DÜSSELDORFでも反映されている。われわれの業界から見て、顧客のニーズや体験、デジタルがテーマに盛り込まれ、メッセコンセプトが発展したことは大歓迎だ。』と述べた。

ドイツ足治療協会(ZFD = Deutscher Verband für Podologie)初代会長であるM. ベンツ氏も肯定的な結論に至っている。『BEAUTY DÜSSELDORFはこの数年、年を経るごとにさらに高級感が増している。私たちは、足治療分野の数多くの優秀な代表者たちと商談ができ、喜ばしく思う。ドイツ語圏の国々からの、顧客との多数のコンタクトに加え、それ以外の国々からの来場者も著しく増加した。また、製造会社が展開したマーケティング戦略の成功も大きな要因だが、本展で多くの若年層の来場者が、この専門的な仕事に関心を示していた。』さらには、特別展Ergonomie beim podologischen Hausbesuch(足治療医の家庭訪問時における人間工学)も、同様に強い需要があった、と加えている。

Treffpunkt Fußでは、実践的なプレゼンテーションが行われ、大好評を博した。コンサルタント会社podo consultingとともに、同エリアを考案・主催したM. ガイスマン氏は、『Treffpunkt Fußは、足治療業界全体にとって、重要なコミュニケーションおよび継続教育フォーラムであることが、改めて証明された。』と語った。足治療訓練センターもまた、就職、そしてさらなる訓練の可能性に関する情報を、学校とともに求める、多くの興味を持った来場者を惹きつけた。

『9号館のウェルネス&スパエリアは、スパの専門家たちの交流の場となった。洗練されたエキスパートプログラム、魅力的なスパビジネスの出展者、そしてWellness&SPA Communication Loungeが、高級スパホスピタリティー部門の購入決定権を持つ来場者を、デュッセルドルフへと導いた。BEAUTY DÜSSELDORFは、ウェルネス・スパの専門家の議題の中心となった。』と、ウェルネス&スパ施設に特化したコンサルティング事業を展開するWellConsultの経営者で、Treffpunkt Wellness & Spaでのエキスパートプログラムの企画責任者であるS. グリュッケルト氏は、強調した。

ドイツ・シュプレーヴァルト地方にあるBleiche Resort & Spa BurgのK. シュルツ氏は、『2019年間最優秀スパマネージャー』を獲得した。これは、スパマネジメントで素晴らしい成果を挙げている方を表彰するもので、BEAUTY DÜSSELDORF 2019をきっかけに、メッセ・デュッセルドルフが贈呈、今回で8回目を数える。

『Trend Forum & Medical SkinCareでは、有名な講演者が、プロ仕様の化粧品における幅広い側面と、医学、科学、そして実践から現在の話題までを紹介、化粧品店での専門的なカウンセリング、および治療に関する背景知識を、参加者と共有した。レクチャーには、多くの集客があった。というのは、確かなプロの技術が、プロとしての成功の鍵であり続けるからだ。』と言及したのは、同エリアを主催したP. ヴィンクラー氏だ。化粧品および皮膚科治療、最先端の医療美容戦略は、エピジェネティクスと精神神経免疫学に関する最新の科学的発見として、紹介された。

BEAUTY DÜSSELDORF 2020

次回は、2020年3月6日(金)~8日(日)に、デュッセルドルフ見本市会場で開催される。また、毎回同時開催の make-up artist design show – 国際メイクアップアーティストショー、TOP HAIR – DIE MESSE Düsseldorf – 国際理美容展・会議・ヘアショーは、3月7日(土)・8日(日)の両日に予定されている。

『BEAUTY DÜSSELDORF』、そして同時開催の『make-up artist design show』、『TOP HAIR – DIE MESSE Düsseldorf』に関する情報・お問い合わせは、こちらをご覧下さい。

                    ファイナル・レポートPDF版はこちら


株式会社メッセ・デュッセルドルフ・ジャパン
担当: 村上、橋木

〒102-0094
東京都千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニ ガーデンコート7F
Tel. 03-5210-9951 _ Fax 03-5210-9959